私の作る料理について

お好み焼きは馴染み深い料理ですよね。キャベツと卵を使う方法で簡単に作る事ができる方法をお教えします。

お好み焼きという家庭料理を簡単に作る事ができる方法とは。

私の作る料理について お好み焼きは家庭料理としてもそうですが屋台や商業施設の中などの至る場所で売られている日本人には馴染み深い料理です。大阪などの関西で人気のイメージがありますが他の県でも軒並みよく食べられています。家庭料理としても作られ、お好み焼きはとてもおいしい料理ですが、家で作ると野菜を切って小麦粉を水で溶いて溶いた物を野菜と一緒に流し込んでという少々面倒な行程を踏まないと行けませんし、何より後片付けが大変ですよね。そこで、家庭で手軽に簡単でおいしく作る事ができる、まるでお好み焼きを食べているような感覚にもなれるキャベツと卵でできるお好み焼きについて紹介したいと思います。

材料は余ってしまったキャベツと卵だけです。キャベツを切って、温めたフライパンの中に丸い円を描くように入れます。入れて焦げ目が付いてきたら円の真ん中の空いている箇所に卵をそのまま割ってフライパンに蓋をして、頃合いを見てお皿に入れます。あとは自分の好きなようにお好みソースやマヨネーズをかけて鰹節を盛りつければ完成です。このキャベツと卵のお好み焼きは小麦粉や豚肉などの材料が要らないためすぐに作る事ができ、時間も5分から10分程度と短い時間で作る事ができます。作る方が懸念される後片付けが大変というのも、小さなフライパン1つで作る事ができるため心配される事はないかと思います。家事や育児やお仕事帰りで大変な時やちょっとしたものが食べたい時にに作られるのも良いかもしれませんね。

Copyright (C)2017私の作る料理について.All rights reserved.